Install this theme

清野 そうそ う、まさしく女子センサー。この間、女性4人で車に乗っていたとき、小学校の入学式帰りらしいお母さんと女の子が、駅のロータリーに立っていたんです。和 服姿の若いお母さんと制服を着た女の子の前を通り過ぎながら、「あら、かわいらしい。おほほほ」とかって、なごやかに会話を交わしたんですが、通り過ぎた 直後に、「でも、あれってレンタルの着物よね」って、みんながいっせいにワントーン下がった声で(笑)。

 桜が入学式に咲いていてよかったわねー、という幸福感と同時に、「着物の半襟の色の合わせ方から見て、お母さんの着物は自分のものではない」「着 付だって自前ではなく美容院」「しかもアップの髪のカーブの角度からいって○○グループの美容院」と、4人が4人とも瞬時に情報を読み取って、共有した。 ロータリーをさっと通り過ぎる瞬間、本当に0.1秒ぐらいの遭遇なんですけどね。

「原稿が進まない、書けない」という相談に乗っていると、引っかかったりループしたり、飛躍してしまう原因のほとんどは、現実に起きている「事実」と自分の頭の中で構築された「思考」「思い入れ」の区別があいまいになり、そこを強引につなげようとして、まとまらなくなっているからです。
huusenuri:

冬コミで出す1冊目の本の表紙です。
本文はあとペン入れが半分くらい。
以前こっそり出した本の設定をちょっとリファインして、別の話として作ってみようという試みのもと作り始めました。
気に入ってもらえるといいなあと思いつつ今度サンプル上げます。
冬コミは2日目東ネ-35bをどうぞよろしく。

huusenuri:

冬コミで出す1冊目の本の表紙です。

本文はあとペン入れが半分くらい。

以前こっそり出した本の設定をちょっとリファインして、別の話として作ってみようという試みのもと作り始めました。

気に入ってもらえるといいなあと思いつつ今度サンプル上げます。

冬コミは2日目東ネ-35bをどうぞよろしく。